自宅から離れた工房でパン菓子製造をされている
焼き菓子と酵母パン ヒカリノ hikarinopan
住まいのマンションも築30年。フルリノベーションのタイミングで
自宅キッチンを厨房として使えるよう、
キッチンを独立させるためのリフォームをご依頼いただきました。

今回はお客様自身がInstagramにて「リフォーム日記」を更新して
下さったので、ご紹介しながら事例紹介いたします。
_______________________

私が最近学んだ空間デザイン心理学™で、
「お部屋空間で感情を整えられる」と学びました。

インテリアが美しいと「快」の感覚の増長促される。
プライベートな個室で、ポジティブやリラックスを感じ
幸福感・満足感に満たされ、明日へのパワーチャージできる空間になる。


娘と同級生のお嬢さんのお部屋は、彼女の好むお部屋にしてあげたいなぁ
思いながら打ち合わせしていました。
________________________

日常生活での『色』の影響力は大きい!

『色』の心理的効果をお部屋で体感できたらと気分も上がる。
色の好みは?性格にも影響されることがありますよね。

色選びも色々聞き取りしながら選びます。

20210730_151446 IMG_1285

幼いころから、堅実タイプ・保守派な19歳の彼女。
やはり、自然の色アースカラーを好まれました。
要するにナチュラルでほっとする色を好まれて
お母様からの影響か、持ち物も 古家具エコや環境に配慮した物が多く
安心感、平和というキーワードを感じます。

そしてメインの色、白色や灰色の無彩の色モノトーンを好む。
白はウエディングドレスでもわかるように、
光を反射する最も明るいこの色は他の色を引き立てます。
信頼感や清潔感なイメージを与え、高い好感度をもてますね。
光を透過する白は健康には一番良い色とされています。
白の真っさらな状態は始まりや出発といったスタートする気持ちにもなれます。

________________________
Screenshot_20210927-141845 


床色はナチュラルなオーク突板の防音タイプへカーペットから貼り替え
クローゼット扉も新調して白扉へ
________________________

そして、女子大生 彼女が好む「かわいい」部屋へ!!

「かわいい」てなんだろう?
海外からも日本の「KAWAII」がポップカルチャーとして注目が集まるところですが。。
外国の「cute」や「pretty」とも違う。
赤ちゃん・ふわふわした物・キャラクター・小動物は誰でも可愛いと感じますが
不細工な顔でも「ぶさかわ」ともてはやされたり
企業や役所が「ゆるかわ」キャラクターで親近感を迫ったり。。
女子高生は「かわいい」と感じても男性や年寄りには感じなかったり。。

結局は「かわいい」の感じ方は個人の主観なのか?と考えるが
しかし、とにかく、「かわいい」ポジティブ感情でしかない!!

「かわいい」はこれまでに発表された実験心理学の研究によれば、
かわいいもの(素材)に接すると、

  • 注意を引きつけられる
  • 長く見つめたくなる
  • 丁寧に扱うようになる
  • 細部に注目するようになる
  • 握りしめたくなる
  • 心が和む
といった、心理状態や行動が引き起こされる。
「かわいい」は、快であり、接近動機づけを伴い、社会的交流を促進する感情である。
らしいのです。

。。。。。
そんな重要ワード「かわいい」を感じれる、新規新調するインテリアアイテム。

まずはカーテン!

20210903_110803

ザックっとしたヘリンボンツィードのドレープ生地
リネンの様な自然素材風合いのレース生地
そして、コロンとかわいいタッセル

20210903_110814

ショールームで選んだ瞬間「かわいい」を連呼していらしゃいました。

。。。。。。。

次に照明器具。ペンダント ランプシェード!
こちらは、奥様のご友人作家さん2人に共同で制作して頂いた品だそうです。
ワイヤーフレームのコットン生地に刺繍でご依頼されたようです。


Screenshot_20210927-162030 Screenshot_20210924-183640

「チューリップのようなふんわりとした。ワイヤーの線が透けて見えるような形で刺繍飾りで。」と
Screenshot_20210927-152704

とても素敵なオーダー品で母娘さんの雰囲気にとてもマッチしています。
娘様にとって「お部屋空間で感情を整えられる」お部屋になったと思います。

________________________

6畳ほどの空間でも、パーソナルスペース 個室は重要な役割を持っています。
  • 日中の疲れを癒す
  • 仕事や学習や趣味に集中して取り組む
  • 睡眠環境
  • 思考構築
  • 良好な家族関係、家族との距離

10代20代の多感な多忙な時期を乗り越える大切な空間
リフォームでは予算の関係で後回しなりがちですが、
今回実行していただき本当に良かったと感じます。

ご両親の娘さまへの愛を感じます。


++++++++++++++++++++++++++++++

 rises インテリアデザイン室
  http://rises.pl/
  rises.keiko@gmail.com

++++++++++++++++++++++++++++++

ブログランキングに参加しています。
ボタン↓↓↓ ぽちっと押してくださると嬉しいです。