自宅から離れた工房でパン菓子製造をされている
焼き菓子と酵母パン ヒカリノ  hikarinopan
住まいのマンションも築30年。フルリノベーションのタイミングで
自宅キッチンを厨房として使えるよう、
キッチンを独立させるためのリフォームをご依頼いただきました。

今回はお客様自身がInstagramにて「リフォーム日記」を更新して
下さったので、ご紹介しながら事例紹介いたします。
_______________________
前回の娘様のお部屋事例でも書きましたが

日常生活での『色』の影響力は大きい!


主寝室のアクセントカラーは青-BLUE-を選んで下さいました。

IMG_1239

青色の効果効能
知的で爽やか、クールで落ち着いた雰囲気を醸し出す色です。
ほとんどの人が空や海、水といった広大な自然のイメージが浮かぶと思います。
爽やかな空、生命の源の海、体に不可欠な水と接する機会が多い色ですね。
寒色の代表色であり、好感度が高く好む人が圧倒的に多く
嫌う人が少ないというのも特徴となっています。
鎮静効果や集中力を高める効果があるので、
寝室や書斎、勉強部屋、ストレスが多い人の部屋に向いています。
また、キッチンに使うと料理に集中できるという効果もあります。


20210820_150222

ベース色は、
若いカジュアルなイメージにならない様に、「白」より彩度を落として「ライトグレー」。
窓枠は日焼けでシートが捲れてしまっていたので、全室窓枠はダイノックシートを貼替え施工。

IMG_1238

アトピーやアレルギー対策として、カーペットからフローリングに貼替えしました。

Screenshot_20210927-141845

個室は少し明るい床色をとの事で、だいぶ悩んで頂いて決定。
明るいメープル色よりもオーク色は落ち着きがあり
日本人のインテリアに似合う色です。

_______________________

一日の3分の1を過ごす寝室のインテリアを整える

空間が整うと、心が整う。
空間にストレスを感じないと穏やかな感情を持て
人間夫婦関係を築け幸せを感じる。とのデーターがあります。
また、他者が幸せだと自身も幸せだと感じ連鎖するそうです。

毎日ハードワークなご夫婦様
夜、個人時間も夫婦時間もリラックス出来て、心が沈静出来る寝室になります様に。。。



++++++++++++++++++++++++++++++

 rises インテリアデザイン室
  http://rises.pl/
  rises.keiko@gmail.com

++++++++++++++++++++++++++++++

ブログランキングに参加しています。
ボタン↓↓↓ ぽちっと押してくださると嬉しいです。